永代供養ポータル

特定非営利活動(NPO)法人永代供養推進協会

「葬儀 お墓 供養に無理は無駄」
葬儀・納骨・永代供養を支援
無料仏事相談

オンライン法要
覚悟の瞬間 NPO法人永代供養推進協会 小原崇裕
NPO法人永代供養推進協会 小原崇裕
おひとり様向けエンディングノート「いきいき自記ノート」
コロナ感染防止においての葬儀、法要のあり方
お墓・お寺困りごと相談 ●墓じまいしたい ●お寺との交渉で困っている ●遠くのお墓を改葬したい ●分骨したい ●離檀したい、寺離れしたい ●永代供養にしたい ●高額なお布施に 困惑している ●高額な戒名を断りたい ●手続きを代行してほしい ●お寺との交渉を代行してほしい お墓の手続き相談・代行
●墓じまい・改葬 ●離檀・寺離れ ●お布施・戒名・寄付金  ●お墓、葬儀の生前準備  ●位牌、仏壇の処分 ●後見・相続 等についての不安・悩み・心配を 解消してください。 ※1年間で1500件以上の相談、親身に対応しています。 お墓・お寺のトラブル、困りごと ご相談ください。 TEL.03-3485-6683

永代供養墓について

永代供養墓の費用のこと

料金は?

料金は各永代供養墓によってさまざまですから、ご自身の予算に合わせて選べば問題ありません。ただ、申込時に納める一式料金の内訳は各永代供養墓ごとに異なります。何の費用が含まれるのか、別途かかる費用があるのか確認することが大事です。

一式料金

永代供養墓にかかる費用

永代供養料

永代にわたって墓守(供養・
管理)をしてもらう費用

納骨法要料

納骨の際、僧侶にお経を
あげてもらうお布施

刻字料

墓誌などに故人名を
刻字する費用

不可欠な費用が上記の3つです。これらが一式料金に含まれていれば、特別なことをお願いしない限り、その後の費用は発生しません。

※「永代供養料」と「永代使用料」は違います。永代使用料の使用料は、一般のお墓のその区画使用料、
 つまり使用の権利料です。
 永代供養料は永代に渡って供養と管理を承る料金です。

永代供養墓の供養・管理について

管理について

一般的なお墓の場合、区画や墓碑の清掃・修繕、樹木の植栽・剪定、献花といった管理は、墓守承継者やその家族が行います。永代供養墓の場合は、それらの管理をお寺や霊園側が担うことになっています。

永代供養について

お彼岸やお盆になると、永代供養墓の合同法要を行うことがありますが、これは法事(法要)のひとつであり、永代供養とは別のことです。供養とは、まずはお参りする人が故人を偲ぶとともに仏様として敬い感謝して手を合わせることが供養となります。また、「33回忌を終えて合祀になったら、もう供養が終わる」と心配される方もいますが、永代供養墓の参拝の方が手を合わせることが供養になりますから、参拝する人が途絶えない限り供養が終わるわけではありません。それが永代供養となります。

『供養』とは何か?

供養とは、もともとインドの言葉で「プージャナー」、「心から尊敬する」という意味で「敬う」ということです。仏さまを敬うことを意味します。「死」というのは人間としての生の終わりで故人になりますが、往生(生まれ往く)し、仏さまとなります。人間でいらしたときのことを思い出すのが「偲ぶ」ことであり、同時に仏さまとして敬うことが「供養」となるのです。
離れていても故人を想い、同時に仏さまとして敬い手を合わせることが何よりの供養ですから、遠方でお墓参りに行けなかったり、諸事情で納骨先、お墓や仏壇がないことに後ろめたさを感じる必要はありません。物にとらわれるのではなく、大切にすべきはまず心です。本来の「供養」の意味を知り、後ろめたい心をほどきましょう。